vdbenchのパラメーター

前回の記事の続きです。
とりあえず今のところ分かったことをメモリます。

実行するコマンドは以下のような感じです。

[root@CentOS01 vdbench]# ./vdbench -f myconf.txt -o /var/www/html/output/result+

-f はvdbenchのパラメーターを指定します。
-o は結果を出力します。

httpdをインストールして、今回の環境ではポート転送とファイアウォールで80番ポートを空けておけば、
Webブラウザから確認できて便利です。
「http://URL/output/result010/summary.html」な感じで入力すれば、実行結果が確認できます。

次に myconf.txtの中身を見ます。

sd=sd1,lun=/add_disk1/disk.bin,size=1g
wd=wd1,sd=sd1,xfersize=4k,rdpct=100,seekpct=0,whpct=0
rd=run1,wd=wd1,iorate=max,elapsed=10,interval=1

1行目:
sdはディスクの定義をします。
lunは計測したいディスク配下に適当なファイルを作ってそれを指定します。
sizeは適当なファイルのサイズを設定します。
上記の場合はdisk.binという適当なファイルがテストの実行後に1GBになります。
当然、ファイルサイズより空き容量があるディレクトリでないとまずいので気を付けてください。

2行目:
wdはワークロードの定義をします。
xfersizeはIOの大きさです。この場合は4kのIOを吐きます。
rdpctはリード割合です。この場合はリード100%です。
「読み込み20%書き込み80%」みたいな場合は、rdpct=20にすればいいです。
seekpctはシーケンシャルの割合です。今回の場合はシーケンシャル100%です。
「100%ランダムアクセス」見たいな場合は、seekpct=100にすれば良いです。
whpctはライトのキャッシュヒット率です。
rhpctはリードのキャッシュヒット率です、今回の例では使ってないオプションです。

3行目:
rdは実行の定義をします。
iorateは1秒間のIO数を定義します。maxにすると限界までIOします。
elapsedはテストの実行時間。
intervalはレポートの間隔です。←まだ、あまり意味を理解できてない。

実行結果:
こんな感じでhtmlに吐かれました。

<pre>
Vdbench summary report:

Link to logfile:                 <A HREF="logfile.html">logfile</A>
Copy of input parameter files:   <A HREF="parmfile.html">parmfile</A>
Copy of parameter scan detail:   <A HREF="parmscan.html">parmscan</A>
Link to errorlog:                <A HREF="errorlog.html">errorlog</A>
Link to flatfile:                <A HREF="flatfile.html">flatfile</A>

Link to HOST reports:            <A HREF="localhost.html">localhost</A>
Link to SD reports:              <A HREF="sd1.html">sd1</A>     

Link to Run Definitions:         <A HREF="#_1814286763">run1 For loops: None</A>


<a name="_1814286763"></a><i><b>18:23:01.002 Starting RD=run1; I/O rate: Uncontrolled MAX; elapsed=10; For loops: None</b></i>


Mar 02, 2014  interval        i/o   MB/sec   bytes   read     resp     resp     resp    cpu%  cpu%
                             rate  1024**2     i/o    pct     time      max   stddev sys+usr   sys
18:23:02.558         1   20255.00    79.12    4096 100.00    0.041  756.158    5.313    57.6  17.0
18:23:03.127         2   33070.00   129.18    4096 100.00    0.024  120.673    1.205   100.0  35.7
18:23:05.091         3  145613.00   568.80    4096 100.00    0.050 1191.339    3.625   100.0  75.6
18:23:05.824         4   60573.00   236.61    4096 100.00    0.084 1164.712    6.938   100.0  78.1
18:23:06.147         5   21204.00    82.83    4096 100.00    0.068  556.047    4.226   100.0  75.0
18:23:07.176         6   68696.00   268.34    4096 100.00    0.052  153.032    2.161   100.0  68.3
18:23:08.863         7  140484.00   548.77    4096 100.00    0.082 1169.200    7.273   100.0  80.6
18:23:09.138         8   16689.00    65.19    4096 100.00    0.022  103.362    0.911   100.0  77.8
18:23:10.082         9   80044.00   312.67    4096 100.00    0.079 1019.691    5.772   100.0  77.5
18:23:12.622        10  101881.00   397.97    4096 100.00    0.043  844.554    3.260   100.0  80.4
18:23:12.750  avg_2-10   74250.44   290.04    4096 100.00    0.061 1191.339    5.010   100.0  72.4
18:23:12.752 *
18:23:12.752 host=localhost
18:23:12.752 * Warning: average processor utilization 100.00% 
18:23:12.752 * Any processor utilization over 80% could mean that your system
18:23:12.752 * does not have enough cycles to run the highest rate possible 
18:23:12.752 *
18:23:13.780 Vdbench execution completed successfully

以下はIO 4k ランダムアクセス、ライト8割の結果。

<pre>
Vdbench summary report:

Link to logfile:                 <A HREF="logfile.html">logfile</A>
Copy of input parameter files:   <A HREF="parmfile.html">parmfile</A>
Copy of parameter scan detail:   <A HREF="parmscan.html">parmscan</A>
Link to errorlog:                <A HREF="errorlog.html">errorlog</A>
Link to flatfile:                <A HREF="flatfile.html">flatfile</A>

Link to HOST reports:            <A HREF="localhost.html">localhost</A>
Link to SD reports:              <A HREF="sd1.html">sd1</A>     

Link to workload report:         <A HREF="File_format_or_append_for_sd=sd1.html">File_format_or_append_for_sd=sd1</A>
Link to workload report:         <A HREF="wd1.html">wd1</A>

Link to Run Definitions:         <A HREF="#_867908838">File_format_or_append_for_sd= For loops: threads=2.0 iorate=5000</A>
                                 <A HREF="#_1234909842">run1 For loops: None</A>


<a name="_867908838"></a><i><b>18:06:10.002 Starting RD=File_format_or_append_for_sd=; I/O rate: 5000; elapsed=(none); For loops: threads=2.0 iorate=5000</b></i>


Mar 02, 2014  interval        i/o   MB/sec   bytes   read     resp     resp     resp    cpu%  cpu%
                             rate  1024**2     i/o    pct     time      max   stddev sys+usr   sys
18:06:11.395         1    6018.00   376.12   65536   0.00    0.316  107.480    4.369    56.0  26.9
18:06:12.055         2    2187.00   136.69   65536   0.00    0.816  264.048    9.360    37.9  28.8
18:06:13.060         3    2131.00   133.19   65536   0.00    0.912  186.380    8.676    62.9  27.4
18:06:14.060         4    3085.00   192.81   65536   0.00    0.619  136.627    5.213    28.3  23.9
18:06:15.080         5    2962.00   185.12   65536   0.00    0.588   98.939    4.572    29.0  24.7
18:06:15.188   avg_2-5    2591.25   161.95   65536   0.00    0.712  264.048    6.930    37.4  25.9

<a name="_1234909842"></a><i><b>18:06:16.000 Starting RD=run1; I/O rate: Uncontrolled MAX; elapsed=10; For loops: None</b></i>


Mar 02, 2014  interval        i/o   MB/sec   bytes   read     resp     resp     resp    cpu%  cpu%
                             rate  1024**2     i/o    pct     time      max   stddev sys+usr   sys
18:06:17.468         1   65078.00   254.21    4096  19.92    0.136  691.957    4.085    62.2  42.7
18:06:18.115         2   25220.00    98.52    4096  19.73    0.200  872.186    6.750    92.9  75.0
18:06:19.511         3   31839.00   124.37    4096  19.98    0.320  732.940    7.369   100.0  56.9
18:06:20.104         4   18595.00    72.64    4096  19.73    0.219  574.614    5.960   100.0  62.5
18:06:21.049         5   26367.00   103.00    4096  19.98    0.271  172.195    4.617    44.8  34.3
18:06:22.071         6   24416.00    95.38    4096  20.04    0.335  373.128    8.328    26.8  22.0
18:06:23.052         7   36774.00   143.65    4096  19.61    0.173  167.013    4.027    53.3  43.3
18:06:24.071         8   19346.00    75.57    4096  20.63    0.395  316.867    8.186    50.0  33.3
18:06:25.075         9    8942.00    34.93    4096  19.85    0.952  535.144   18.829   100.0  25.0
18:06:26.048        10   22933.00    89.58    4096  19.64    0.331  206.172    6.489    25.6  19.5
18:06:26.052  avg_2-10   23825.78    93.07    4096  19.89    0.302  872.186    7.427    56.7  36.2
18:06:26.676 Vdbench execution completed successfully

今回の結果はGMOパブリックβ版の追加ストレージを10GBマウントして実施しました。
もうちょっと色々実験してみたいところですが、ここまでで。

参考:
vdbench でディスクの性能を測定する
https://blogs.oracle.com/yappri/entry/vdbench
vdbenchの使い方
http://www.ginnokagi.com/2013/10/vdbench.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>